7th GS(ウルトラルール) オーガレック蛙スタンダード

こんにちは

あらです

 

 

久しぶりのブログ投稿となってしまいましたがポケモン自体は細々とやっていました。

特にGSルールに関しては仲間大会やフレ戦、pokerikadaiの部内戦を通して結構な数対戦したと思います。

 

 

その間色々と構築作ったり試行錯誤してたわけですが、一応形になった構築を今回はご紹介したいと思います。

 

いつのまにやら発表されたWCS2019ルール的には[ウルトラシリーズ]に対応しています。 

構築紹介

f:id:baribari-sanda:20180826010605p:plain

前使っていたオーガレック構築(↓リンク参照)で難点だったカプ・コケコ、ディアルガ入りに対抗すべく、不健康そうな蛙を採用しました。
araarapokemon.hatenablog.com

↑前構築

 

イデア自体はpokerikadaiのウラン君の構築から得ました。ウラン君ありがとう。

 後の取り巻きですが、カイオーガ、ゼルネアス辺りに打点を持ちカプ・コケコ対策にもなるトゲデマル。ここまで明らかにルナアーラが重いのでエスパー軸にも打点を持てるガオガエン。@1に関しては正直まだ安定していないですがトリックルーム対策ができ、ゼルネアス対策にもなるモロバレルが有力です。実際第3回月輪杯ではこの枠はhdドータクンでした。(ほぼ選出せず)

 

戦績についてですが、8月17日に行われた第3回月輪杯では14-3で3位でした。

f:id:baribari-sanda:20180830003107p:plain


その他フレ戦でも割と良い戦績だったと思います。(適当)

もっと大会出たいですね。

個別紹介

f:id:baribari-sanda:20180521014502p:plain

カイオーガ@あいいろのたま

207(252)-×↓-131(164)-227(52)↑-183(20)-113(20)

根源の波動 潮吹き れいとうビーム 守る

いつものHBのやつ。つよい。現時点で育成済みカイオーガ2体しかもっていないので使い回すしかねえ。つらい。

 

f:id:baribari-sanda:20180625013324p:plain

 レックウザ@拘り鉢巻

メガ前181(4)-222(252)↑-110-×↓-110-161(252)

メガ後181(4)-255(252)↑-120-×↓-120-183(252)

画竜点睛 神速 滝登り かみくだく

試験的に意地鉢巻レックウザを使ってみたが中々強い。

意地鉢の強みのひとつはh無振りルナアーラを確定で落とせるところ。

参考:
(トレーナー天国様より)
攻: メガレックウザ Lv.50
防: ルナアーラ Lv.50
ダメージ: 212〜250
割合: 100%〜117.9%
回数: 瀕死率(↓)を参照
急所ダメージ: 316〜374
割合: 149%〜176.4%
補正: [幻]
技: かみくだく
威力: 80
タイプ: あく/物理
攻撃: 382+ [拘巻]
防御: 109
最大HP: 212
天候: らんきりゅう
相性: ×4
 
 
 
 
 

 

(もっとも環境にはトリルルナアーラも多く、h無振りルナアーラが存在してるか怪しいが)

個人的にレックウザは襷か鉢巻かの2択だと思っているのですが、どちらも強みがあるので中々難しいですね。

 

f:id:baribari-sanda:20180826014036p:plain

ガマゲロゲ@地面z すいすい

180-×↓-95-137(252)-96(4)-138(252)↑

大地の力 お先にどうぞ 凍える風 守る

自慢の蛙。いかにも毒々しい見た目をしているが特性はすいすい。

雨下で隣のカイオーガのサポートをするのが基本的な役割であり、こご風で相手のSを調整したり、お先+潮吹きor根源を狙っていく。

また、地面zでカイオーガが苦手とするディアルガグラードンを落とせるのも強い。

参考:

(トレーナー天国様より)

ガマゲロゲの地面z→ディアルガ

攻: ガマゲロゲ Lv.50
防: ディアルガ Lv.50
ダメージ: 224〜266
割合: 108.2%〜128.5%
回数: 確定1発
急所ダメージ: 338〜398
割合: 163.2%〜192.2%
補正: (ダメージ補正なし)
技: だいちのちから[Z]
威力: 175
タイプ: じめん*/特殊
特攻: 137
特防: 120
最大HP: 207
天候: (ふつう)
相性: ×2

 

 

 

 

 

 

ガマゲロゲの地面z→ゲンシグラードン

攻: ガマゲロゲ Lv.50
防: グラードン[原始] Lv.50
ダメージ: 246〜290
割合: 118.8%〜140%
回数: 確定1発
急所ダメージ: 368〜434
割合: 177.7%〜209.6%
補正: (ダメージ補正なし)
技: だいちのちから[Z]
威力: 175
タイプ: じめん*/特殊
特攻: 137
特防: 110
最大HP: 207
天候: ひざしがとてもつよい
相性: ×2

 

 

 

 

 

 

地面zはおろか、すいすい自体が警戒されない(貯水が警戒されるため)ので結構動かしやすかった印象。

 

 

f:id:baribari-sanda:20180830000310p:plain 

トゲデマル@気合いの襷 避雷針

140-150(252)-84(4)-×↓-93(4)-162(252)↑

びりびりちくちく アイアンヘッド ほっぺすりすり ねこだまし

カイオーガと相性の良いサポートとして採用。基本的に先発オーガと共に選出。

相手の後ろにテテフが控えてそうな時や、ファストガードが見えている時は基本的に猫だましから入らずほっぺすりすりから入ると上手くいく印象です。

地味にびりちくとアイへが両方とも怯み30%なのが偉いですね。

相手の構築にコケコなどの電気がいる場合は慎重に扱いましょう。

 

f:id:baribari-sanda:20180521015118p:plain

ガオガエン@突撃チョッキ 威嚇

201(244)-148↑-110-×-↓142(252)-82(12)

フレアドライブ じごくづき 蜻蛉返り ねこだまし

いつもの強いポケモン

特筆すべきこともないですが、強いて言うならば努力値調整が適当気味だったかなあ、、、まだ考える余地がありそう。特に素早さについてはもう少し伸ばしても良かったと思います。

 

f:id:baribari-sanda:20180830001619p:plain

モロバレル@レッドカード 再生力

221(252)-×↓-121(156)-105-113(100)-31↓

クリアスモッグ 草結び キノコの胞子 怒りの粉

物理方面に厚めなモロバレル

調整内容はよそからパクってきたやつで、特化ランドロスの地面zとか耐えるらしい。

正直余り選出していないが、入れてるだけでトリルパの選出抑制になっていたと信じたい・・・。

 

選出

基本的に初手にカイオーガトゲデマルを並べて裏にガエンレックを控えさせます。

 

 

 

 

 

 

 

 

あれ?????????????

蛙が入ってないやん!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

気づいてしまったか~~~~~~

そう!実際にはガマゲロゲそんな出してないです!!!!

いや、決して蛙が弱いわけじゃないんですよ!!ただ回してみると気づくんですけど基本選出のパワーが高い......というか先発オーガトゲデマルが便利なんですよね~

もちろんオーガデマルだと対応出来ない奴ら(ディアルガナットレイモロバレルなど....)も一定数存在しているのでそこは臨機応変にといった感じですが。

 実際相手視点からすると、トゲデマルガマゲロゲが並んでるだけでコケコ出しづらくなるはず.........です。

 

最後に

だいぶざっくりとした記事になってしまったなあといった感想。

実際まだ改良が必要な部分は多いと思いますが、ウルトラGSルールにおける一般枠の考察として一石投じられれば幸いです。

 

WCSルールとしてのウルトラGSを実際にレートで遊べるのは大分先になりそうですが、今度インターネット大会が開かれるらしいですよ!↓

3ds.pokemon-gl.com

「アンリミテッドトライアル」とかいうらしい。GSに興味ある人はこの際に初めてみるのも良いかもしれません。

 

あと9月の後半に東京の方で「Aero Blast Cup」なる大会も開かれるらしいのでこちらも要チェックですね。

(勝手に大会のリンク張って良いか分からないので気になる人は調べてみてください。)

 

 

あとこの構築のQRも載せておきます。↓

3ds.pokemon-gl.com

 

 

 

なにか気になる点がありましたら@arapoke_as までご連絡下さい。

ここまで読んで頂きありがとうございました!!

 

 

おわり

 

第2回カルフール杯(7thGSルール) オーガレック改

こんにちは

 

最近7世代(USUM)でのGSルールが流行ってますね。好きなルールなので僕としては嬉しい限りです。仲間大会もほぼ毎週のように開かれてます。

 

さて今回は先日に開かれた第2回カルフール杯で使用した構築をご紹介します。人数規模としては申請時点で200人ちょっといました。

 

 

構築紹介する前にまず今回の仲間大会のルールに関して説明します。

1、GSルールのダブルバトル(禁止伝説2体までptに入れられる)

2、使用できるのは7世代再現可能個体のみ(Vジェネレックウザとかテレパシーディアルガは使えない)

 

こんなところです。詳細は

3ds.pokemon-gl.com

 

 結果は11-2で2位でした。

f:id:baribari-sanda:20180625010929p:plain

構築紹介

f:id:baribari-sanda:20180625013026p:plain

f:id:baribari-sanda:20180521014502p:plain

カイオーガ@あいいろのたま

207(252)-×↓-131(164)-227(52)↑-183(20)-113(20)

根源の波動 潮吹き れいとうビーム 守る

6世代にあった調整ぱくってきた。

メガレックウザの珠ガリョウやらナットのパワーウィップやら耐える。やっぱカイオーガはHBベースが一番使いやすいかも

 

f:id:baribari-sanda:20180625013324p:plain

レックウザ@気合いの襷

メガ前181(4)-202(252)-110-×↓-110-161(252)↑

メガ後181(4)-232(252)-120-×↓-120-183(252)↑

画竜点睛 神速 剣の舞 守る

特に言うこともない最速襷レックウザ

剣舞積めるタイミングは多いし、襷は無難に強いけど他のアイテム(特に鉢巻)持たせて使ってみたい。

 

f:id:baribari-sanda:20180521015315p:plain

カプ・コケコ@命の珠

145-×↓-106(4)-147(252)-95-200(252)↑

雷 ボルトチェンジ めざめるパワー(水) 守る

オーガを一撃で処理するため珠雷で採用。ボルトチェンジでガエンにつなぐ動きが強かった。事前まで守るの枠に吠えるが入ってたが、使うタイミングが余りにもシビアなので変更。正解だった。

 

f:id:baribari-sanda:20180521015118p:plain

ガオガエン@突撃チョッキ 威嚇

201(244)-150(12)↑-110-×↓-142(252)-80

DDラリアット フレアドライブ 蜻蛉返り 猫だまし

ダブルさいつよポケモン

チョッキHD振りで控えめカイオーガの根源の波動(ダブルダメ)も耐えるぞ。本来の仮想敵であるルナアーラやらネクロズマとそんなに当たらなかったのでレックウザとかに威嚇を入れる立ち回りが多かった。性格を慎重にしてもよさそう。

 

f:id:baribari-sanda:20180615000900p:plain

スイクン@イアのみ プレッシャー

207(252)-×↓-136(4)-125(116)-167(132)↑-106(4)

熱湯 バークアウト 追い風 吠える

調整内容は過去の記事参照↓

araarapokemon.hatenablog.com

今回は再現個体限定だったので特性はプレッシャー

基本的にゼルネ入りに出すほか、コケコが選出出来ないときに出す。

グラードンにもカイオーガにもネクロズマにもだいぶ有利に戦えるので、もっと広まっても良さそうなポケモンだと思いました。

 

f:id:baribari-sanda:20170801021620p:plain

ランドロス@じめんz

165(4)-197(252)-110-×↓-100-157(252)↑

地震 いわなだれ 蜻蛉返り 守る

ここまででz枠が居なかった事と電気の一貫を切りたかった為に採用したASランドロス。殆ど選出しなかったがポテンシャルは感じた。sが欲しい場面が多かったため、特殊スカーフとかでも良かったかも。

 

選出

基本はコケコオーガ、裏にレックウザガオガエン

ボルチェンしながらガエンに引いたりして頑張ります。

 

VSゼルネ入り

スイクンオーガ、裏にレックウザ@1

バレルがいると話は変わってきますが基本はこれ

 

VS一部のミラー

スイクンオーガ、裏にレックウザ@1

ケースバイケースですが大体スイクンは仕事します。

 

その他コケコの通りが悪い時などは臨機応変に選出パターンを変えます。

 

きついやつ

・コケコを一撃で倒してくるコケコ(フェアリーz)

・テテフミュウツー(特にテテフがスカーフじゃない奴)

ディアルガ

ぱっと思いついたのはこんなところです。ミラーに関してもそんなに有利はとれないです。大体レックウザの同速ゲームが始まるのでPSと運で頑張りましょう。

 

QR

一応スイクンの特性だけ変えて2パターン作りました。仲間大会のルールによって使い分けてください。

 

こっちが再現不可能
隠れ特性(精神力)スイクンを使った構築。

3ds.pokemon-gl.com

 

こっちが再現可能
通常特性(プレッシャー)スイクンを使った構築。

3ds.pokemon-gl.com

 

まだGSブームは続きそうなので次は他の軸で構築組みたいですね

ここまで読んでくれてありがとうございました!

 

7thGS(ウルトラルール用) スイクン調整

こんにちは

今回はGSルール用のスイクンの調整を紹介します。

 

何故わざわざ「仲間大会用」とつけたのかというと、精神力スイクンは現状VC金銀クリスタルを使用しないと手に入れる事が不可能であり、来年のWCS2019では使えるか怪しいからです。(そもそもWCSが本当にGSルールになるか怪しいですか)

最近見かけた仲間大会だと、7世代再現可能個体のみ使用可能のルールになってるところもありました。なので使える場所はこれから更に限られてくると思います。

 

※追記

 ↑の文章はwcs2019のルール発表前に書いたものであり、現状(2018年9月現在)精神力スイクンの使用はwcs2019のルールでは禁止されています。

以下の調整自体は通常特性(プレッシャー)でも十分戦えるものになっているので問題ないはずです。

 

 

スイクン@半分回復実

f:id:baribari-sanda:20180615000900p:plain

ねっとう ほえる おいかぜ @1(バークアウト、れいとうビーム、こごえるかぜ etc..)

おだやか 207(252)-×-136(4)-125(116)-167(132)-106(4)

調整内容

火力:  無天候ねっとうでh252振りゲンシグラードン確定1発(100.4%〜121.7%)

物理耐久:陽気メガレックウザの鉢巻ガリョウテンセイ確定耐え(84%〜99%

特殊耐久:C+2臆病ゼルネアスのムーンフォース耐えからのきのみ確定(75.3%〜88.8%)

 

 

求めていた耐久火力が確保できて良い感じだと思います。

 

オーガレックの補助を想定して調整したので他の伝説枠と連携とれるかは知りません。

仮想敵はざっくりとゼルネアス入りの構築や、グラードン入りの有象無象を想定。

ミラーにも割と行けるかなあといったところ。

 

近日中にこいつを組み込んだptをQRで公開すると思います。

 

 

※追記

QR作りました。 

全て7世代で再現可能です。

 

 

皆もGSやろうね♡

第41回伝説厨オフ使用構築

はい

あらです。

 

 

2018年5月20日に開かれた第41回伝説厨オフに参加してきました。

ルールはusumを使った、禁止伝説2体まで使用可能のダブルバトルです。

 

今回使用した構築をメモ程度に軽くご紹介したいと思います。

 

 

伝説厨オフ自体はサンムーンGS以来2回目の参加でした。前回のurl↓

araarapokemon.hatenablog.com

 

前回はグラゼルネで参加したため、今回はカイオーガを使ってみたいなあということで構築はスタート。

相方の伝説枠は悩みましたが、使い慣れてるグラードンをチョイス(電気の一環も切れるし)

後は相性の良さそうな取り巻きで固めて完成

 

結果は予選9人ブロックの中、4-4で抜けられなかったので構築の完成度的には正直微妙です。。。。

 

構築的にオーガレックがきつすぎたのと、ガエンドータクン+天候ミラーの対策が甘かったのが敗因だと思います。

試運転の大切さが身に染みましたね...

 

一応改良予定なので努力値詳細までは書かないです。

 

パーティ

f:id:baribari-sanda:20180521014502p:plainカイオーガ@あいいろのたま

控えめhbベ-ス

根源の波動 熱湯 れいとうビーム 守る

 

f:id:baribari-sanda:20170801021609p:plainグラードン@べにいろのたま

勇敢最遅ha

断崖の剣 炎のパンチ 雷パンチ 守る 

 

f:id:baribari-sanda:20170801021631p:plainガルーラ@ガルーラナイト

意地っ張りhaベース

捨て身タックル ねこだまし かみつく 炎のパンチ

 

f:id:baribari-sanda:20180521015315p:plainカプ・コケコ@気合いの襷

臆病cs

10万ボルト ボルトチェンジ 目覚めるパワー(水) 吠える

 

f:id:baribari-sanda:20180521014843p:plainドータクンエスパーz

生意気hd

ジャイロボール スキルスワップ トリックルーム 重力

 

f:id:baribari-sanda:20180521015118p:plainガオガエン@突撃チョッキ

意地っ張りhdベース

フレアドライブ DDラリアット 蜻蛉返り 猫だまし

 

 

反省&最後に

上にも書きましたが、レックウザが死ぬほど重いのでその対策が必要でした。

改良点としては、メガ枠の変更、ドータクンの技構成の変更などがあげられます。(ドータクンの技スペ足りねえ)

 

あと、環境としては想像以上にガオガエンドータクンが増えてました。

特にガオガエンはトップメタであるグラードンカイオーガに有利がとれないので個人的に微妙かと思ってましたが、ネクロズマソルガレオルナアーラに強い事もあり普通に暴れてましたね。

伝説枠はゲンシ枠+日食ネクロみたいなのが多かった印象。ウルトラバーストしない奴の方が多かったかも

 

 

今度の週末にカルフールさん主催のGS仲間大会が開かれるらしいので、改良したptで臨みたいと思います。

 

では

 

 

 

 

 

P-Sports 使用構築+α

 

こんにちは。pokerikadaiのあらと申します。

先日、abemaTVのP-Sportsに挑戦者として出場させて頂きました。

今回は使用した構築と少し感想を書きたいと思います。

 

 

構築の経緯

 優秀な積みアタッカーで、テレビ的にもそこそこ映えるであろうz持ちジャラランガを生かす構築を考えました。

 当然フェアリー(主にカプレヒレミミッキュ)がつらいので彼らに強めなカプコケコメタグロスランドロスの並びを採用。後は補完としてジャラランガが出せない時のz枠としてミミッキュギルガルドに強いリザyを採用。 

  一応こだわりポイントとしてジャラランガはぬしサイズのものにしました。これは特性バレと対テッカグヤ性能を天秤にかけた上で、ヘビーボンバーのダメージを減らす事を重要視したためです(威力が120→100)。

 

使用構築

 

 

 

f:id:baribari-sanda:20180415232628j:plain(pokerikadai まてぃ作:メガメタグロス

メタグロスメタグロスナイト

ようき クリアボディ→かたいつめ

159(28)-194(228)-170-×-130-178(252)

アイアンヘッド バレットパンチ かみなりパンチ れいとうパンチ

大体AS振り、普通にぶっぱで良かったかも

 

f:id:baribari-sanda:20180415232842j:plain (pokerikadai まてぃ作:ジャラランガ

 ジャラランガ(ぬし)@ジャラランガ

ひかえめ ぼうじん

151(4)-117-145-167(252)-125-137(252)

スケイルノイズ インファイト かえんほうしゃ ちょうはつ

 一応エースだが相手のPTにフェアリーがいると出しづらい(特にミミッキュ、レヒレ)。コケコやブルル程度だったらどうにかなるので割と出していける。

キノガッサ入りや受け気質のPT、身代わりが絡んだPTに対しては異常に強いので積極的に出していく。

Aには下降補正がかかっていますがルカリオ程度なら対面から倒せるし、z撃った後ならば大体のガルーラもインファイトで確定一発なので控えめでよかったと思う。ちなみにz後のsラインは最速135族と同速。

 

f:id:baribari-sanda:20180415211618j:plain(pokerikadai まてぃ作:霊獣ランドロス)

霊獣ランドロス@イアのみ

わんぱく いかく

191(212)-166(4)-156(252)-×-101(4)-116(36)

ステルスロック じしん がんせきふうじ とんぼがえり

 調整はどっかのパクリ

ステロの枠にはどくどくを入れようか迷いましたがステロ+ジャラランガで受けサイクルを崩すことが多かったのでステロにしました。

ミミッキュやリザxに対して受けだせるのがこいつしかいないので割と過労死気味

 

f:id:baribari-sanda:20180415232954j:plain(pokerikadai まてぃ作:カプ・コケコ)

カプ・コケコ@シュカのみ

おくびょう エレキメイカ

145-×-105-147(252)-96(4)-200(252)

10まんボルト ボルトチェンジ くさむすび めざめるパワー

 csシュカコケコ

主にカバ展開やランド展開に対して初手に繰り出し崩していく

使いやすすぎてシュカ持ちしか使えない体になってしまった。

 

f:id:baribari-sanda:20180415233045j:plain(pokerikadai まてぃ作:ミミッキュ)

ミミッキュミミッキュ

いじっぱり ばけのかわ

151(164)-143(156)-120(180)-×-126(4)-117(4)

じゃれつく シャドークロー かげうち つるぎのまい

 +1ギャラドスたきのぼり耐える、よくあるABミミッキュ

雑に強いのでジャラランガが出せないときは雑に選出する。

 

 

f:id:baribari-sanda:20180415233127j:plain(pokerikadai まてぃ作:メガリザードンY)

リザードンリザードナイトY

おくびょう もうか→ひでり

153-×-99(4)-211(252)-135-167(252)

オーバーヒート ソーラビーム ニトロチャージ きあいだま

 このPTを見て初手に出てきやすいゲンガーやカプテテフ、ガルーラに対して出していく。

技構成に関しては、ヒードランからの引き先がいないのできあいだま採用。

ほかの技も切れなかったが火炎放射とめざパが欲しすぎた。

 

QRあげておきます。是非使ってみてください。

3ds.pokemon-gl.com

 

以下感想(結果ネタバレ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 PTを試すために挑んだ他サークルとの交流会では優勝できたり、レートでの試運転でもそれなりに勝てたのでこれはいける!と思いながら臨んだP-Sports収録.....

結果は.....0人抜き!!!!!!!!

一回も勝てませんでした、、

悲しいなあ.....

 

対戦させていただいたのは新四天王である、あゆみんさん

対戦後は完全に気が動転していたのでバトルビデオをとること忘れていましたすいません...

↓PT画像

 

f:id:baribari-sanda:20180415210414p:plain

ポリクチは割と厳しい相手でジャラランガは通せなさそうだったので、こちらはリザードンを先発、冷パンがないクチートに対して誤魔化しになるランドロスボーマンダに対してストッパーになりうるミミッキュを選出。

それに対し相手側は先発マッギョ、裏にポリゴン2ボーマンダを選出。

 

放送を見ていただいた方にはお分かりだと思いますが、相手のポリゴン2のテクスチャーzとあばれるボーマンダにしてやられました。

完全にトリックルーム展開を予測していたのでポリゴン2にテクスチャーz撃たれた瞬間本当に頭真っ白になりましたね......

 

結局のところボーマンダに岩石封じを外して負けてしまいましたが、全て当てていた場合でもステロ一回込みでボーマンダの+1あばれるをランドロスが耐えるかは乱数次第で、結局リザードンに引いて威嚇を入れ直すかランドロスで突っ張るかの択になっていたので難しかった感じです。

(岩石封じを3連で当てる確率は86%程なのでまあ...)

 

参考:ポケモントレーナー天国様

(ダメージ計算機SM for ポケモン サン/ムーン/ウルトラサン/ウルトラムーン)

より

 

火力補正なし

攻: メガボーマンダ Lv.50
防: ランドロス[霊獣] Lv.50
ダメージ: 153〜181
割合: 80.1%〜94.7%
回数: 確定2発
急所ダメージ: 229〜271
割合: 119.8%〜141.8%
補正: (ダメージ補正なし)
技: あばれる
威力: 144 [空スキン]
タイプ: ひこう*/物理
攻撃: 295 [ラ]
防御: 156+
最大HP: 191
天候: (ふつう)
相性: ×1

 

 

 

 

 

 

火力補正あり

攻: メガボーマンダ Lv.50
防: ランドロス[霊獣] Lv.50
ダメージ: 169〜199
割合: 88.4%〜104.1%
回数: 乱数1発 (25%)
急所ダメージ: 253〜298
割合: 132.4%〜156%
補正: (ダメージ補正なし)
技: あばれる
威力: 144 [空スキン]
タイプ: ひこう*/物理
攻撃: 324+ [ラ]
防御: 156+
最大HP: 191
天候: (ふつう)
相性: ×1

 

 

 

 

 

 

また、プレイングに関してはzを打たれた後に一旦リザードンに引くのでよかったので、若干結果論ではありますがミスがあったかなあと思います。選出はあれで正解でしたね多分。

対戦こそ不甲斐ない結果に終わってしまったものの、P-Sportsに出演させていただいた事自体とても良い経験になりました。対戦相手のあゆみんさんや、出演者の方々、また僕を番組に出してくれたサークル員の皆様、ありがとうございました。

 

 

 

ガリレオネタ、面白かったです。

 

 

 

 

 

 

ぬしジャラランガ 選出したかったなあ......

おわり

 

サンムーン シーズン6シングル最高2009  

こんにちは あらです。

もうじきUSUMが発売されますね

 

サンムーン最終シーズンでシングル2000達成したので簡潔にですが残しておきます。

(最終レは溶かしたので聞かないでください.......)

TNはBlue Mountainです。

 f:id:baribari-sanda:20171116012641j:plain

構築の流れ

7世代のスタンパと呼ばれているメガ+Z+襷の並びを軸に補完を行いました。

メガ枠にはボーマンダ、Z枠はカミツルギ、襷枠はカプ・テテフを選択し、グロスミミッキュ、ガルーラに強めのゴツメカバ、受けル意識の格闘zレボルト、カバリザに強めでゴーリやバトン相手にほろびのうたが出来る草食マリルリを採用しました。

 

パーティ紹介

 

  • ボーマンダ@石 慎重 195(236)-156(4)-103(20)-×-143(236)-127(52)                  やつあたり、地震、羽休め、竜舞
  • カミツルギ@悪z 陽気 134-214(100)-151-×-71(160)-177(252)                          リフブレ、スマホ、辻斬り、剣舞
  • カプ・テテフ@襷 臆病 145-×-95-182(252)-136(4)-161(252)                              サイコキネシスムーンフォース、めざめるパワー、ねごと
  • マリルリ(草食)@食べ残し 穏やか  207(252)-×-118(140)-80-126(116)-70           熱湯、滅びの歌、守る、毒毒
  • カバルドン@ゴツメ 腕白 215(252)-133(4)-187(252)-×-92-67                      地震、氷の牙、欠伸、怠ける
  • ボルトロス(霊獣)@格闘z 175(164)-×-177(92)-100-168(252)                              10万ボルト、めざめるパワー氷、気合い玉、悪巧み

反省点

・途中までカミツルギの枠にはミミッキュを使っていましたが、あまりにもメタグロスが重かったので悪zカミツルギに変更しました。そうすると今度はゲッコウガがとても重くなってしまったため、カバ→ポリ2にするなど改善点は多いと思います。

マリルリの滅びは非常に強い勝ち筋になりましたが、耐久値があまりにも貧弱なので上手く使う必要性を感じました。

カミツルギのd振りはテテフの前で突っ張るためですが、正直火力が欲しい場面は多く、意地っぱりにしたりSを削ってもいいかもしれません。

 

最後に

サンムーンレートで対戦していただいた方々、ありがとうございました!

USUMでもレートは潜ると思うのでまたよろしくお願いします。WCS2018のルールがほぼ全ダらしいのでそっちもやるかもしれません。

最後の最後に

f:id:baribari-sanda:20171116013431j:plain

メインロム(サン)のデータが吹っ飛びました。というよりSDカード内に入っていたデータが全て消えてしまいました......

ウルトラサンの予めダウンロードを行っている最中に何故かSDカードを感知しなくなり、確認したらデータ領域が壊れていました。PCを使って色々試してみたのですが、初期化も行えない状況で復旧は無理だと判断しました。

幸い、バンクに残っていた育成済み個体は無事だったようで(バンクのデータは3DSに紐付けされているため)、失ったのは2ボックスくらいの育成済みのみで済みました。

育成済みはもう一度厳選すれば良いけど育成環境消えるの中々きついっすね...

USUMで立て直したいと思います.....

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

7世代GSルール構築 グラゼルネスタン(第37回伝説厨オフ3位)

こんにちは。

今回は最近伝説厨オフなどで使っていた7世代GSルール(禁止伝説2体まで入れられるダブルバトル)での構築を紹介します。そもそも7世代GSについて軽く説明しますと、

(6世代GSルール)+(z技)+(カプ)+(ソルナアラ)ー(ファイアロー)ー(いばる)

みたいな感じです。この中でも特にz技とカプ・テテフの存在は大きな変化だと思ってます。今回使った構築は、6世代GSでも猛威を振るったグラゼルネ構築にz技の要素を組み合わせたものになっています。

 

大会の結果に関しては

第37回伝説厨オフ 予選9-3 決勝3位

迫真GS部(仲間大会) 2位

でした。

パーティ紹介

f:id:baribari-sanda:20170801020305p:plain

努力値とかまとめるとこんな感じです。

ポケモン 道具 性格 努力値
グラードン べにいろのたま 勇敢(最遅) H252-A252-D4 断崖 炎パン オバヒ 守る
ゼルネアス パワフルハーブ 臆病 C252-D4-S252 マジシャ ムンフォ ジオコン 守る
ガルーラ ガルーラナイト 陽気 A252-D4-S252 捨て身 炎パン かみつく 猫だまし 
クレセリア エスパーz 控えめ H252-C252-D4 サイキネ れいb めざぱ(地)  トリル
ランドロス じめんz 陽気 H4-A252-S252  地震 岩雪崩 蜻蛉返り 守る
ギルガルド きあいのたすき 冷静(最遅)

H252-C252-D4

シャドボ ラスカノ ワイガ キンシ

見ての通り全員努力値ぶっぱ!!実は6世代GSをoras期に殆どやらなかったせいで調整が分かりません...(新環境なので調整する意味も余りなさそうだけども)

では個別紹介。

このルールにおける主軸。トリル下で安定して先に動けるように最遅。技構成に関してはメインの断崖、炎p、守るは確定として、ギルガルドナットレイを触れずに処理するためにオバヒを採用。威嚇対策にもなったのでこれで良かった。断崖の命中には常に不安がつきまとうが、大体命中率通りに当ててくれたので優秀ポケモンだった。

いーじーうぃんを狙う枠。ソルガレオルナアーラの存在が逆風となった上、皆対策していて余り選出出来なかった。

禁止伝説がいない他のルールでは主役級だが、このルールでは良い脇役として仕事をする。ゼルネカイオーガ辺りを上から殴れる物理高火力は貴重で、横のサポート以上の働きを見せた。技構成に関しては、晴れ補正の入る炎pとサイコフィールド下でのルナアーラ対策のかみつくを採用。51%でひるませられるので、ワンチャン技としても普通に優秀。(なお、オフでひるませることは一度もなかった。)

グラードンの優秀な相棒。全ダで使ってた奴の完全流用個体。z技を利用して、挑発やアンコールを受けても強引にトリックルームを貼っていく。サイキネzも削りとして優秀だった。また、ヒードランがいない環境なので、めざぱ地面は微妙だった。sラインも微妙なので冷静最遅とかにしても良かったかも...

グラードンや鋼に強い一般威嚇ポケ。最速グラカイを抜くため最速にしてある。わざわざ直前にホワイトを周回してまで陽気を積もったが、余り役立つ事はなかった。

テテフやゼルネの一貫を止めるための枠。行動保証の気合いの襷のおかげで強気に技を選択できた。特殊型で採用したため、積んだゼルネの相手ができないのが問題だった。普通に勇敢アイアンヘッドとかでよかった。

 

選出

全試合通してグラクレセガルーラ@1の選出を行った。@1に関しては、ゼルネを通せそうだったらゼルネ、カイオーガにはガルド、グラードンにはランドのように選出した。

きつい奴

催眠。見ての通り催眠対策がなく、猫で止めるか上から殴るしかない。負け試合の半分くらいはドーブルモロバレルに催眠祭りをされた試合である。6世代と違ってダクホ使いがいないのが救いだが、普通に胞子でもきつい。 

 

終わりに

普段は使わない禁止伝説ポケモンを使ったバトルは楽しく、新鮮でした。WCS2018の公式ルールになるかもしれないルールなので、今のうちから触れておくのも良いかもしれませんね。(皆さんも是非やりましょう!!)

最後に、オフや仲間大会を開催していただいた方々、ありがとうございました!

 

追記

QR あげておきます

3ds.pokemon-gl.com