ブログ紹介

こんにちは、あらと申します。

 

このブログでは、ポケモンの構築の構築記事を中心に取り扱っております。(たまに単体考察記事も挙げるかも)

 

軽く自己紹介すると、ただのポケモン好きです。

USUMのシングルバトル、ダブルバトル(特にGSルール)を中心に対人戦をよくやっています。

 

ぽけ理科大というサークル(所謂ポケサー)に属しております。

ツイッターidは @arapoke_as です。記事の内容等で質問がある方はお気軽にどうぞ

 

記事内容まとめ↓

 

ダブル(GS)

araarapokemon.hatenablog.com

 

araarapokemon.hatenablog.com

 

araarapokemon.hatenablog.com

 

araarapokemon.hatenablog.com

 

araarapokemon.hatenablog.com

 

シングル

araarapokemon.hatenablog.com

 

araarapokemon.hatenablog.com

 

araarapokemon.hatenablog.com

単体考察 

araarapokemon.hatenablog.com

 

araarapokemon.hatenablog.com

 

その他(公式大会、仲間大会とか)

araarapokemon.hatenablog.com


araarapokemon.hatenablog.com

 

araarapokemon.hatenablog.com

 

よろしくお願いします。

 

トリックホリック使用構築

最高1764

最終1747

106位でした。

メモ程度に書いておきます。


使用構築

マーシャドー@きあいのタスキ

陽気AS

シャドースチール インファイト かげうち 岩石封じ


ダークライ@ゴーストz

臆病CS

悪の波動 シャドーボール 不意打ち 悪巧み


アーゴヨン@ドラゴンz

臆病CS

竜星群 ヘドロウェーブ 大文字 悪巧み


ミミッキュ@ミミッキュz

意地Hab

じゃれつく かげうち 剣の舞 呪い


ヒートロトム@光の粘土

臆病HS

オーバーヒート 放電 ひかりのかべ リフレクター


ウツロイド@命の珠

臆病CS

ヘドロウェーブ パワージェム めざめるパワー(氷) ステルスロック



感想

壁、ステロを絡めながら、積みポケで全抜きを狙おうと思った。

実際回してみると、ロトムウツロイドを選出しない場合も多く、マーシャドーミミッキュで物理受け(ドヒドイデ等)を呼んで、アーゴヨンダークライで起点にしていく動きが単純に強かった。

特にアーゴヨンは受けられるポケモンがこのルールにほぼ存在しない為、非常に通った印象。

ただ、その動きに気付くのが遅く1800に載せられなかったのが悔しい。


面白いルールなのでまたいつかやりたいですね。

一応QRあげておきます。(いずれ消します)

https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-0914-4E52#step


wcs2019ウルトラシリーズ 信用可能メガルカリオ

ちょっと前にふと思いついたメガルカリオの調整を備忘録として記事にしておきます。

 

ルールはWCS2019ウルトラシリーズ仕様です。

 

f:id:baribari-sanda:20181019012644p:plain

f:id:baribari-sanda:20181019012051p:plain

ルカリオルカリオナイト 

精神力(推奨)→適応力

メガ前:145-146(124)-90-×↓-118(220)-144(164)↑

メガ後:145-181(124)-108-×↓-118(220)-168(164)↑

a:威嚇入ってもh252振りガオガエンをインファで確定1
d:特化ゼルネアスのムーンフォース耐え
s:最速100族抜き

確定技インファイト

候補技:コメットパンチ、バレットパンチこの指とまれ、ファストフード、守る(見切り)

 

 

今回の調整コンセプトは安定感の上昇です。

不意のスカーフゼルネアスの奇襲で倒されないラインまでdに振り、最低限の火力と素早さラインを確保しました。

wcs2019ウルトラシリーズでは素早さ種族値101~112の間にほぼポケモンが存在しておらず(※)、素早さを落としてもそこまで問題ないという判断です。

(※カミツルギは抜かれてても基本有利。メガルカリオミラー?知らん)

 

GSルールを普段やらないような人からしたらルカリオにそもそもダブル適正があるのか謎に見えるかもしれませんが、こいつは案外ポテンシャルを持ってます。

 

特筆すべきはその火力で、ガオガエンやらゼルネアスやらが跋扈しているGS環境においては鋼と格闘の物理打点は貴重です。

10回対戦したら8、9回はガオガエン入りのptに当たるような環境で、ガオガエン上から一発で仕留められるのは大きくないですか?

 

 

入れる構築ですが、ルナアーラゼルネアスと組ませると強そうです。

 

 

割と思いつきで作った調整なので、もし使ってくれたら僕(@arapoke_as)に使用感とか教えてくれると嬉しいです。

 

おわり

 

第一回 あらカップ結果

先日(2018年9月30日)に開催した「第一回あらカップ」の結果を書き残しておこうと思います。

ルールはwcs2019ウルトラシリーズ準拠(マークは不問)

 

割と急な開催発表だったにも関わらず、54名の方に参加申請して頂きました。

参加して頂いた方々、本当にありがとうございました。。。

 

 

ランキングはこんな感じ

1位 あら

2位 たくみ

3位 うつぎ

f:id:baribari-sanda:20181003234318p:plain

自演優勝きtらあああああああああ

 

 

はい

個人の話になってしまいますが、戦績は6-0だったと思います。(4連たいみつでひきあげた)

pokerikadaiの面々もランクインしていてさすがGS特化サークルpokerikadaiだと思いました(konami

 

 

 

ここからは反省

 

初めて開催した仲間大会だったこともあり、告知とか色々がばったなあと....

54名という人数は決して少ないとは思いませんが、同時期に開催された他のGS仲間大会は100人超えしてるところもあったのでまだ人数は伸びしろありそう。

どうやら使用率ランキングは参加者100人を超えたら公開されるらしいので、次があれば100人は目指したいですね。

 

他の仲間大会のランキングとか眺めていると外国の民が結構な頻度で出てくるし、要項欄に英語を記載しとくとよさそう。

 

また機会があれば仲間大会開くと思います。

おわり

 

ps

使用した構築は今度公開します。

P-Sports 使用構築+α

 

こんにちは。pokerikadaiのあらと申します。

先日、abemaTVのP-Sportsに挑戦者として出場させて頂きました。

今回は使用した構築と少し感想を書きたいと思います。

 

 

構築の経緯

 優秀な積みアタッカーで、テレビ的にもそこそこ映えるであろうz持ちジャラランガを生かす構築を考えました。

 当然フェアリー(主にカプレヒレミミッキュ)がつらいので彼らに強めなカプコケコメタグロスランドロスの並びを採用。後は補完としてジャラランガが出せない時のz枠としてミミッキュギルガルドに強いリザyを採用。 

  一応こだわりポイントとしてジャラランガはぬしサイズのものにしました。これは特性バレと対テッカグヤ性能を天秤にかけた上で、ヘビーボンバーのダメージを減らす事を重要視したためです(威力が120→100)。

 

使用構築

 

 

 

f:id:baribari-sanda:20180415232628j:plain(pokerikadai まてぃ作:メガメタグロス

メタグロスメタグロスナイト

ようき クリアボディ→かたいつめ

159(28)-194(228)-170-×-130-178(252)

アイアンヘッド バレットパンチ かみなりパンチ れいとうパンチ

大体AS振り、普通にぶっぱで良かったかも

 

f:id:baribari-sanda:20180415232842j:plain (pokerikadai まてぃ作:ジャラランガ

 ジャラランガ(ぬし)@ジャラランガ

ひかえめ ぼうじん

151(4)-117-145-167(252)-125-137(252)

スケイルノイズ インファイト かえんほうしゃ ちょうはつ

 一応エースだが相手のPTにフェアリーがいると出しづらい(特にミミッキュ、レヒレ)。コケコやブルル程度だったらどうにかなるので割と出していける。

キノガッサ入りや受け気質のPT、身代わりが絡んだPTに対しては異常に強いので積極的に出していく。

Aには下降補正がかかっていますがルカリオ程度なら対面から倒せるし、z撃った後ならば大体のガルーラもインファイトで確定一発なので控えめでよかったと思う。ちなみにz後のsラインは最速135族と同速。

 

f:id:baribari-sanda:20180415211618j:plain(pokerikadai まてぃ作:霊獣ランドロス)

霊獣ランドロス@イアのみ

わんぱく いかく

191(212)-166(4)-156(252)-×-101(4)-116(36)

ステルスロック じしん がんせきふうじ とんぼがえり

 調整はどっかのパクリ

ステロの枠にはどくどくを入れようか迷いましたがステロ+ジャラランガで受けサイクルを崩すことが多かったのでステロにしました。

ミミッキュやリザxに対して受けだせるのがこいつしかいないので割と過労死気味

 

f:id:baribari-sanda:20180415232954j:plain(pokerikadai まてぃ作:カプ・コケコ)

カプ・コケコ@シュカのみ

おくびょう エレキメイカ

145-×-105-147(252)-96(4)-200(252)

10まんボルト ボルトチェンジ くさむすび めざめるパワー

 csシュカコケコ

主にカバ展開やランド展開に対して初手に繰り出し崩していく

使いやすすぎてシュカ持ちしか使えない体になってしまった。

 

f:id:baribari-sanda:20180415233045j:plain(pokerikadai まてぃ作:ミミッキュ)

ミミッキュミミッキュ

いじっぱり ばけのかわ

151(164)-143(156)-120(180)-×-126(4)-117(4)

じゃれつく シャドークロー かげうち つるぎのまい

 +1ギャラドスたきのぼり耐える、よくあるABミミッキュ

雑に強いのでジャラランガが出せないときは雑に選出する。

 

 

f:id:baribari-sanda:20180415233127j:plain(pokerikadai まてぃ作:メガリザードンY)

リザードンリザードナイトY

おくびょう もうか→ひでり

153-×-99(4)-211(252)-135-167(252)

オーバーヒート ソーラビーム ニトロチャージ きあいだま

 このPTを見て初手に出てきやすいゲンガーやカプテテフ、ガルーラに対して出していく。

技構成に関しては、ヒードランからの引き先がいないのできあいだま採用。

ほかの技も切れなかったが火炎放射とめざパが欲しすぎた。

 

QRあげておきます。是非使ってみてください。

3ds.pokemon-gl.com

 

以下感想(結果ネタバレ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 PTを試すために挑んだ他サークルとの交流会では優勝できたり、レートでの試運転でもそれなりに勝てたのでこれはいける!と思いながら臨んだP-Sports収録.....

結果は.....0人抜き!!!!!!!!

一回も勝てませんでした、、

悲しいなあ.....

 

対戦させていただいたのは新四天王である、あゆみんさん

対戦後は完全に気が動転していたのでバトルビデオをとること忘れていましたすいません...

↓PT画像

 

f:id:baribari-sanda:20180415210414p:plain

ポリクチは割と厳しい相手でジャラランガは通せなさそうだったので、こちらはリザードンを先発、冷パンがないクチートに対して誤魔化しになるランドロスボーマンダに対してストッパーになりうるミミッキュを選出。

それに対し相手側は先発マッギョ、裏にポリゴン2ボーマンダを選出。

 

放送を見ていただいた方にはお分かりだと思いますが、相手のポリゴン2のテクスチャーzとあばれるボーマンダにしてやられました。

完全にトリックルーム展開を予測していたのでポリゴン2にテクスチャーz撃たれた瞬間本当に頭真っ白になりましたね......

 

結局のところボーマンダに岩石封じを外して負けてしまいましたが、全て当てていた場合でもステロ一回込みでボーマンダの+1あばれるをランドロスが耐えるかは乱数次第で、結局リザードンに引いて威嚇を入れ直すかランドロスで突っ張るかの択になっていたので難しかった感じです。

(岩石封じを3連で当てる確率は86%程なのでまあ...)

 

参考:ポケモントレーナー天国様

(ダメージ計算機SM for ポケモン サン/ムーン/ウルトラサン/ウルトラムーン)

より

 

火力補正なし

攻: メガボーマンダ Lv.50
防: ランドロス[霊獣] Lv.50
ダメージ: 153〜181
割合: 80.1%〜94.7%
回数: 確定2発
急所ダメージ: 229〜271
割合: 119.8%〜141.8%
補正: (ダメージ補正なし)
技: あばれる
威力: 144 [空スキン]
タイプ: ひこう*/物理
攻撃: 295 [ラ]
防御: 156+
最大HP: 191
天候: (ふつう)
相性: ×1

 

 

 

 

 

 

火力補正あり

攻: メガボーマンダ Lv.50
防: ランドロス[霊獣] Lv.50
ダメージ: 169〜199
割合: 88.4%〜104.1%
回数: 乱数1発 (25%)
急所ダメージ: 253〜298
割合: 132.4%〜156%
補正: (ダメージ補正なし)
技: あばれる
威力: 144 [空スキン]
タイプ: ひこう*/物理
攻撃: 324+ [ラ]
防御: 156+
最大HP: 191
天候: (ふつう)
相性: ×1

 

 

 

 

 

 

また、プレイングに関してはzを打たれた後に一旦リザードンに引くのでよかったので、若干結果論ではありますがミスがあったかなあと思います。選出はあれで正解でしたね多分。

対戦こそ不甲斐ない結果に終わってしまったものの、P-Sportsに出演させていただいた事自体とても良い経験になりました。対戦相手のあゆみんさんや、出演者の方々、また僕を番組に出してくれたサークル員の皆様、ありがとうございました。

 

 

 

ガリレオネタ、面白かったです。

 

 

 

 

 

 

ぬしジャラランガ 選出したかったなあ......

おわり

 

サンムーン シーズン6シングル最高2009  

こんにちは あらです。

もうじきUSUMが発売されますね

 

サンムーン最終シーズンでシングル2000達成したので簡潔にですが残しておきます。

(最終レは溶かしたので聞かないでください.......)

TNはBlue Mountainです。

 f:id:baribari-sanda:20171116012641j:plain

構築の流れ

7世代のスタンパと呼ばれているメガ+Z+襷の並びを軸に補完を行いました。

メガ枠にはボーマンダ、Z枠はカミツルギ、襷枠はカプ・テテフを選択し、グロスミミッキュ、ガルーラに強めのゴツメカバ、受けル意識の格闘zレボルト、カバリザに強めでゴーリやバトン相手にほろびのうたが出来る草食マリルリを採用しました。

 

パーティ紹介

 

  • ボーマンダ@石 慎重 195(236)-156(4)-103(20)-×-143(236)-127(52)                  やつあたり、地震、羽休め、竜舞
  • カミツルギ@悪z 陽気 134-214(100)-151-×-71(160)-177(252)                          リフブレ、スマホ、辻斬り、剣舞
  • カプ・テテフ@襷 臆病 145-×-95-182(252)-136(4)-161(252)                              サイコキネシスムーンフォース、めざめるパワー、ねごと
  • マリルリ(草食)@食べ残し 穏やか  207(252)-×-118(140)-80-126(116)-70           熱湯、滅びの歌、守る、毒毒
  • カバルドン@ゴツメ 腕白 215(252)-133(4)-187(252)-×-92-67                      地震、氷の牙、欠伸、怠ける
  • ボルトロス(霊獣)@格闘z 175(164)-×-177(92)-100-168(252)                              10万ボルト、めざめるパワー氷、気合い玉、悪巧み

反省点

・途中までカミツルギの枠にはミミッキュを使っていましたが、あまりにもメタグロスが重かったので悪zカミツルギに変更しました。そうすると今度はゲッコウガがとても重くなってしまったため、カバ→ポリ2にするなど改善点は多いと思います。

マリルリの滅びは非常に強い勝ち筋になりましたが、耐久値があまりにも貧弱なので上手く使う必要性を感じました。

カミツルギのd振りはテテフの前で突っ張るためですが、正直火力が欲しい場面は多く、意地っぱりにしたりSを削ってもいいかもしれません。

 

最後に

サンムーンレートで対戦していただいた方々、ありがとうございました!

USUMでもレートは潜ると思うのでまたよろしくお願いします。WCS2018のルールがほぼ全ダらしいのでそっちもやるかもしれません。

最後の最後に

f:id:baribari-sanda:20171116013431j:plain

メインロム(サン)のデータが吹っ飛びました。というよりSDカード内に入っていたデータが全て消えてしまいました......

ウルトラサンの予めダウンロードを行っている最中に何故かSDカードを感知しなくなり、確認したらデータ領域が壊れていました。PCを使って色々試してみたのですが、初期化も行えない状況で復旧は無理だと判断しました。

幸い、バンクに残っていた育成済み個体は無事だったようで(バンクのデータは3DSに紐付けされているため)、失ったのは2ボックスくらいの育成済みのみで済みました。

育成済みはもう一度厳選すれば良いけど育成環境消えるの中々きついっすね...

USUMで立て直したいと思います.....

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

7世代GSルール構築 グラゼルネスタン(第37回伝説厨オフ3位)

こんにちは。

今回は最近伝説厨オフなどで使っていた7世代GSルール(禁止伝説2体まで入れられるダブルバトル)での構築を紹介します。そもそも7世代GSについて軽く説明しますと、

(6世代GSルール)+(z技)+(カプ)+(ソルナアラ)ー(ファイアロー)ー(いばる)

みたいな感じです。この中でも特にz技とカプ・テテフの存在は大きな変化だと思ってます。今回使った構築は、6世代GSでも猛威を振るったグラゼルネ構築にz技の要素を組み合わせたものになっています。

 

大会の結果に関しては

第37回伝説厨オフ 予選9-3 決勝3位

迫真GS部(仲間大会) 2位

でした。

パーティ紹介

f:id:baribari-sanda:20170801020305p:plain

努力値とかまとめるとこんな感じです。

ポケモン 道具 性格 努力値
グラードン べにいろのたま 勇敢(最遅) H252-A252-D4 断崖 炎パン オバヒ 守る
ゼルネアス パワフルハーブ 臆病 C252-D4-S252 マジシャ ムンフォ ジオコン 守る
ガルーラ ガルーラナイト 陽気 A252-D4-S252 捨て身 炎パン かみつく 猫だまし 
クレセリア エスパーz 控えめ H252-C252-D4 サイキネ れいb めざぱ(地)  トリル
ランドロス じめんz 陽気 H4-A252-S252  地震 岩雪崩 蜻蛉返り 守る
ギルガルド きあいのたすき 冷静(最遅)

H252-C252-D4

シャドボ ラスカノ ワイガ キンシ

見ての通り全員努力値ぶっぱ!!実は6世代GSをoras期に殆どやらなかったせいで調整が分かりません...(新環境なので調整する意味も余りなさそうだけども)

では個別紹介。

このルールにおける主軸。トリル下で安定して先に動けるように最遅。技構成に関してはメインの断崖、炎p、守るは確定として、ギルガルドナットレイを触れずに処理するためにオバヒを採用。威嚇対策にもなったのでこれで良かった。断崖の命中には常に不安がつきまとうが、大体命中率通りに当ててくれたので優秀ポケモンだった。

いーじーうぃんを狙う枠。ソルガレオルナアーラの存在が逆風となった上、皆対策していて余り選出出来なかった。

禁止伝説がいない他のルールでは主役級だが、このルールでは良い脇役として仕事をする。ゼルネカイオーガ辺りを上から殴れる物理高火力は貴重で、横のサポート以上の働きを見せた。技構成に関しては、晴れ補正の入る炎pとサイコフィールド下でのルナアーラ対策のかみつくを採用。51%でひるませられるので、ワンチャン技としても普通に優秀。(なお、オフでひるませることは一度もなかった。)

グラードンの優秀な相棒。全ダで使ってた奴の完全流用個体。z技を利用して、挑発やアンコールを受けても強引にトリックルームを貼っていく。サイキネzも削りとして優秀だった。また、ヒードランがいない環境なので、めざぱ地面は微妙だった。sラインも微妙なので冷静最遅とかにしても良かったかも...

グラードンや鋼に強い一般威嚇ポケ。最速グラカイを抜くため最速にしてある。わざわざ直前にホワイトを周回してまで陽気を積もったが、余り役立つ事はなかった。

テテフやゼルネの一貫を止めるための枠。行動保証の気合いの襷のおかげで強気に技を選択できた。特殊型で採用したため、積んだゼルネの相手ができないのが問題だった。普通に勇敢アイアンヘッドとかでよかった。

 

選出

全試合通してグラクレセガルーラ@1の選出を行った。@1に関しては、ゼルネを通せそうだったらゼルネ、カイオーガにはガルド、グラードンにはランドのように選出した。

きつい奴

催眠。見ての通り催眠対策がなく、猫で止めるか上から殴るしかない。負け試合の半分くらいはドーブルモロバレルに催眠祭りをされた試合である。6世代と違ってダクホ使いがいないのが救いだが、普通に胞子でもきつい。 

 

終わりに

普段は使わない禁止伝説ポケモンを使ったバトルは楽しく、新鮮でした。WCS2018の公式ルールになるかもしれないルールなので、今のうちから触れておくのも良いかもしれませんね。(皆さんも是非やりましょう!!)

最後に、オフや仲間大会を開催していただいた方々、ありがとうございました!

 

追記

QR あげておきます

3ds.pokemon-gl.com